マーティン・スコセッシの映画カジノとグッドフェローズとは

グッドフェローズは1990年代のアメリカ映画で、マフィアに関する実話を元にして、マフィアによって書かれたノンフィクション小説を元に作成された映画です。
主人公ヘンリー・ヒルを演じたのはレイ・リオッタ、ジェームズ・ジミー・コンウェイにはロバート・デ・ニーロ、トミー・デヴィートにはジョー・ペシ、ロレイン・ブラッコにはカレン・ヒル、監督はマーティン・スコセッシです。
マーティン・スコセッシ監督は、カジノも有名ですが、グッドフェローズはリアリティとユーモアがあり、カジノよりも人気の高い作品となっています。
主人公のヘンリーは小さい頃からマフィアに憧れを持っており、地元のマフィアのもとで働くようになりませた。
先輩から仕事を学び成長し、結婚して家庭を築きますが、大金強奪事件をきっかけとしてヘンリーの人生は狂い始めます。
FBIに目をつけられたヘンリーは、仲間が事件の証拠をもみ消す中、組織に関する証言をFBIに強要されていきます。