看護師の転職サイトを利用すると転職決定で支援金もらえるの?

転職サイト、看護のお仕事の良いところは、なんといっても、紹介してもらった職場への転職が決まったらゲットできる転職支援金ですよね。
さらに良い条件で転職できるかもしれないのに、加えて、支援金までゲットできるなんて、とてもラッキーですよね。
転職サイトの中でも大好評なのは、この支援金も理由の一つだといえそうです。
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ますよねー★この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。
さて、看護師を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。
私の叔母である人が、離婚をして地元に戻ることとなりました。
久々に会うことになった私の想像よりも叔母は元気そうで、「私は看護師をしているのだから、仕事には困らない。
あんな男といなくても生きていけるわ」と強がりではなく、笑っていました。
看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年だそうです。
それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
日本の看護師が1年間にもらえる給料は平均437万円ぐらいです。
しかし、国、市、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員という立場で仕事をしているため、年収の平均は593万円ほどです。
公務員として働く看護師は給料の上がる割合も民間病院と比べて高く、福利厚生にも恵まれています。
準看護師のケースは、看護師よりも平均年収が70万円ぐらい低いです。

看護師転職の理由を聞かれたら?面接でよく聞かれる質問【失敗例とは?】